▼お役立ち情報:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る

福島第一原発の事故が収束しないまま時だけが流れ、新しいエネルギーもまだまだ確立していません。
そこで昔から注目されている太陽光発電をご家庭に設置し、微力ながらも地球環境に貢献をしてみてはいかがでしょう。自宅の屋根の上に設置している太陽光発電システムの太陽電池モジュールによって、太陽の光を受け電気を作っていくこととなります。
ここで作られた電気というのは直流電力ですのでパワーコンディショナに送り、ご家庭で使用することが可能になるように交流に変換する必要があります。太陽光発電の設置費用としましては150万〜300万円程度となっており、メーカーや請負業者などによって大きな差が生じます。
購入をする際には予め念入りな調査や確認を実施するようにしましょう。
貴方の住んでいる地域の公共施設や企業などの屋根に太陽光発電を設置している建物はありませんか?
このように太陽光発電が注目されており、地球温暖化対策効果も期待することが出来るのです。太陽光発電というのは屋内分電盤が家庭の各電気機器を使用することが出来るように、電力を分配していくこととなります。
さらに電力量計メーターというのは余って電力会社に買い取りをしてもらった電力や、不足をして電力会社から購入した分の電力を電力量計で計量することが出来ます。

 



▼お役立ち情報:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作るブログ:2019年05月14日

一週間ほど前、
群馬の草津温泉へ一人旅に行ってきました。

わたしは仕事でもプライベートでも、
よりよい状態を目指して頑張るけれど上手くいかなくて、
煮詰まっている状況でした。

それを知った友人から
「一人旅に行ってきたら?」という提案があり、
嫁の強い勧めもあって、気乗りしないながらも行く事にしました。

気乗りしていないので、
わたしはとりあえず草津に行くことだけを決めて、
宿も取らないで出発しました。

草津に着いて宿を決めて部屋に入り、
荷物を降ろして一息ついた時、
わたしはほっとしてくつろぐ訳でもなく、沈んでいました。

「やっちゃった…」「仕事休んじゃった…」
私わたしは何かとっても悪い事をしているように感じました。

とりあえずお風呂に入り、
18時ごはんを食べましたが、
相変わらず気分は沈んだままです。

他にやることがないので、
とりあえずお風呂に入りました。

そこで気づいたのですが、
お風呂に入ると思考が止まるんですよね。

温泉に浸かって
「う〜〜」「あーー」と言ってる時、
仕事の事も嫁の事も全く気になりません。

草津のお湯で体も心もほぐれたのか、
ようやく疲れを感じることができるようになってきました。

体がダルくて肩やこしの痛みを感じます。
そして、考える事が面倒くさくなってきて、
考える気力も湧いてきません。

結局、草津にいる間にしたことは、
眠たくなって寝る事と、
お腹が減ってごはんを食べる事と、
気持ちいいからお風呂に入る事のたった3つになりました。

この3つだけで、
あっという間に1日が過ぎてしまいます。

しかし、そんな1日を過ごしても、
自分1人だけですので誰にも迷惑はかかりません。
堂々とそんな1日を過ごす事ができて、
まさにストレスフリーの状態でした。