▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる

▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる



▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できるブログ:2018年08月19日


女性の「痩せ願望」は根強いですが、
多くの女性は「痩せ過ぎ」を目標にしていて、
減量に失敗することが多いようです。

これは鏡の中の自分を確認し、
体質のラインを把握していない為で、
自分の体質に不満があるとすれば、
筋肉の量が足りていないということがわかると思います。

腹の脂肪は、腹筋がなければ凹みませんし、
実際、体重を減らさなければならないほど太り過ぎの方は
それほど多くありません。

減量をする上で、ボクが提案したいのは、
体重計よりも全身が映る鏡で体質をチェックすることと、
ベストサイズだった頃のデニムを
スムーズに履けるかどうかを確認することです。

デニムも伸び縮みしない素材で確認し、
鏡は日々見ることをお勧めします。

極度の肥満から、
美しい体質のラインと、健康的な体重に戻した
女優のエリザベス・テイラーは
「体重計よりも鏡をみて判断しなさい」と言っています。

エリザベス・テイラーも最初は、
とにかく体重を減らすことを目的に
減量していましたが、
あと数キロで適正体重になれるという時に、
過度の食べる事制限を行っても、体重が減らなかったそうです。

その当時のパートナーは、
その時の彼女を買い物に連れて行き、
2キロの肉を彼女に持たせ、
「これだけの体重を減らしたのに、まだ痩せたいの?」と言ったそうです。

その時、彼女は鏡を見て、
自分の体質がベストに戻ったと納得したそうです。

本当の減量に成功したエリザベス・テイラーは、
今までは周りばかりを意識していて、
自分の為に減量をしたことがなかったと悟ったんだそうです。

▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる

▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる

★メニュー

▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
▼お役立ち情報:注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
▼お役立ち情報:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
▼お役立ち情報:節電効果のある太陽光発電
▼お役立ち情報:もっと太陽光発電について勉強しよう
▼お役立ち情報:問題点の多い太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる
▼お役立ち情報:24時間安心の太陽光発電でもっと便利に


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)災害に備えて便利で安心の太陽光発電