▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる

▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる



▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できるブログ:2016年06月07日


みなさん、こんにちは~。

箸で食べる事をする制度を採用したのは、
聖徳太子だと言われています。

遣隋使が中国の食べる事作法を伝え、
それを真似たのが始まりなんだそうです。

もっともこれは宮中の話で、
その頃の庶民は、手で食べる事をしていました。

手づかみで食べる事をする生活は、
現代からでは想像しにくいものですが、
箸でごはんを食べる事が本格的になったのは
8世紀になってからです。

宮中や儀式用に金属製の箸もありましたが、
庶民は木々を削って作りました。

そしてこれらの木々には、
神が宿っていると考えられていました。

食べる事を前に、箸を手に取って祈り、
恵みをいただけることを自然の神々に感謝しました。
現在の「いただきます」は、この慣習のなごりなんですね。

大自然の神々からの恵みを
神が宿る箸によって口に運ぶ日本人の食べる事は
なんとも崇高なものだと思えます。

箸を使う民族は、中国、朝鮮半島、台湾、ベトナムなどで、
世界の約30パーセントですが、純粋な箸食は日本だけです。

その他は、箸とスプーン、
あるいはレンゲなどを組み合わせて使っています。

日本のごはんは、粘り気があるため、
レンゲなどですくわずとも箸で食べることができます。

汁物は、
器を持って口元に運べば
スプーンも必要ありません。

この器を持つ行為は、
箸だけを使う食文化ゆえのものです。

スプーンでごはんを食べたり汁を飲む韓国では、
器を持つことはお行儀が悪い行為になります。

このように食べる事に使う道具は
食べ物や作法と関わりあっているのです。

人に対しての細やかな心配りと優しさは、
純粋な箸食文化によって培われたものではないかと思います。

ニンニン
▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる

▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる

★メニュー

▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
▼お役立ち情報:注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
▼お役立ち情報:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
▼お役立ち情報:節電効果のある太陽光発電
▼お役立ち情報:もっと太陽光発電について勉強しよう
▼お役立ち情報:問題点の多い太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる
▼お役立ち情報:24時間安心の太陽光発電でもっと便利に


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)災害に備えて便利で安心の太陽光発電