▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる

▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる



▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できるブログ:2018年02月05日


ダイエットのために、運動をしていると、
汗をかいたり、爽快な疲労感を感じますよね。

「いかにもカロリーをたくさん消費をしたなぁ~」
という風に感じませんか?

しかし実のところ、
運動することによって消費されるカロリーの量は
限られたものに過ぎないんですよね。

連日の運動によって消費されるカロリーの量は、
24時間に消費するカロリーの量の2~3割程度しかないといわれています。

一生懸命やっているのに、それくらいしかカロリーを消費しないのなら、
「運動の意味がないのでは?」と思ってしまうかもしれませんが…

実際、運動は
直接的にはダイエットにそれほど貢献していないのです。

ところが、間接的には大きな貢献をしています!

ダイエットと運動の関係について
もう少し踏み込んでみると…

わたくしたちが24時間に消費するエネルギーのうちの大半は、
生命維持のために使われています。

睡眠をしている時もエネルギーを消費しますし、
ご飯をするだけでもエネルギーを使います。
もっと言えば、
息をするだけでもカロリーが消費されるのです。

このようにわたくしたちが生きていく上で、
必要となるカロリーのことを「基礎代謝」といいます。

実は24時間のうち、
基礎代謝によって消費されるエネルギーは、
全体の6~7割といわれています。

基礎代謝によるエネルギーの消費量は、個人差があります。

基本的に、筋肉の量が多い人ほど、
基礎代謝の量が多くなるという関係性にあります。

筋肉の量を多くするためには、
運動をする必要があります。

だから、ダイエットをするためには
運動をする必要があるわけなんです。





▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる

▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる

★メニュー

▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
▼お役立ち情報:注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
▼お役立ち情報:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
▼お役立ち情報:節電効果のある太陽光発電
▼お役立ち情報:もっと太陽光発電について勉強しよう
▼お役立ち情報:問題点の多い太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる
▼お役立ち情報:24時間安心の太陽光発電でもっと便利に


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)災害に備えて便利で安心の太陽光発電