▼お役立ち情報:24時間安心の太陽光発電でもっと便利に

▼お役立ち情報:24時間安心の太陽光発電でもっと便利に


▼お役立ち情報:24時間安心の太陽光発電でもっと便利に
すでに太陽光発電を設置している方も多いことかと思いますが、まだの方は是非太陽光発電を検討してみてください。
昼間は太陽の力を借りることで電化製品を使用することが出来るので節電に大きく貢献することが出来ます。太陽光発電を設置することで、もし万が一停電になってしまった時でも電気を利用することが出来ます。
しかしご存知の通り太陽光発電には問題がり、夜間は発電することが出来ないのです。現在注目されてきているのが、太陽光発電をさらに進化させた蓄電式太陽光発電システムなのです。
このシステムは電気を蓄電させることを目的とした太陽光発電システムで、夜間でも電気を使うことが出来ます。
停電が心配される現在、電力会社から電気を買うことなく自家発電をして電力供給するのが最も賢い方法です。
自家発電の筆頭的な存在である太陽光発電を設置することで停電対策だけでなく節電対策にもなるのです。停電となってしまった時に日中では十分に太陽光発電で電力を供給することが出来るのですが、その停電が夜間にまで続いてしまうとどうしようもなくなります。
そのような特性を持っていることから停電対策として本当に役立つのかということで検討を見送っている人もいます。





▼お役立ち情報:24時間安心の太陽光発電でもっと便利にブログ:2019年01月23日

さつまいもって、
何となく太る印象の方が強かったんですが、
減量にはもってこいなんですよね!

昔から
さつまいもは食物繊維の塊なので、
便秘解消に効果的と言われてきました。

子どもの頃には、
「さつまいもを食べるとオナラが出る」
なんて我慢した方も多いかもしれませんが…

食物繊維が多いというだけでも、
減量に向いている食材なんです。

それに、さつまいもって
実はそんなにカロリーが高くないんですよね。
ご飯よりもカロリーが低いくらいなんです。

一般的なさつまいも減量の方法は、
一日三食の中の一食の主食を、
蒸かしたさつまいもにするというものです。

つまり、一日一食だけ、
ご飯や食パンの代替食品として、
さつまいもを食べるということになります。

さつまいもの調理法は焼いても蒸してもいいのです。
でも、蒸した方が適度な水分を保てるので
減量には良いと思います。

また、皮も一緒に食べると
一層、減量効果が期待できますよ。

連日一人分だけさつまいもを蒸すのが面倒なら、
まとめて蒸して冷凍して、食べる時にレンジで温めてもいいですね。
それに、濡らしたペーパータオルを巻いて、
その上からラップで包んで、チンしても
蒸かしさつまいもを作ることができますよ。

どうしても間食が我慢できないという方は、
お菓子の代わりに、蒸かしさつまいもを食べるのもオススメです。

お菓子やケーキよりは、
さつまいもの方が、断然低カロリーで食物繊維や栄養がとれます。
少量でも腹が満足しますので、食べ過ぎも防いでくれますよ!

▼お役立ち情報:24時間安心の太陽光発電でもっと便利に

▼お役立ち情報:24時間安心の太陽光発電でもっと便利に

★メニュー

▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
▼お役立ち情報:注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
▼お役立ち情報:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
▼お役立ち情報:節電効果のある太陽光発電
▼お役立ち情報:もっと太陽光発電について勉強しよう
▼お役立ち情報:問題点の多い太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる
▼お役立ち情報:24時間安心の太陽光発電でもっと便利に


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)災害に備えて便利で安心の太陽光発電