▼お役立ち情報:節電効果のある太陽光発電

▼お役立ち情報:節電効果のある太陽光発電



▼お役立ち情報:節電効果のある太陽光発電ブログ:2015年08月16日


「ごはんを食べると太る」
そう思っていらっしゃる方って多いですよね。
みなさんはどうですか?

でも、それは大きな間違いみたいです。
「ごはんを食べないから太る」
というのが正解みたいなんです。

「ごはんは太るから食べない」という間違った認識が
多くの日本人のシェイプアップを失敗させているようなんです。
ごはんって、理想的なシェイプアップ食品なんですって!

では、どうして
ごはんが理想のシェイプアップ食品なのかというと…

まず、低脂肪で低カロリー。
ごはんは100g中に脂肪を0.5gしか含みません。
カロリーも168kcalと低いのです。

そして、
ごはんを食べると、ごデンプン質(糖質)を消化するため、
インシュリンがすい臓から分泌されます。

インシュリンは血糖値が上昇し過ぎないよう調節する役割がありますが、
同時に脂肪の取り込みを促進する働きも持っています。

ところが、
ごはんはインシュリンの分泌がゆるやかで、
太りにくいのです。
食パンやうどんはインシュリンの分泌が多く、
ごはんよりも太りやすいそうです。

また、ごはんの主成分は炭水化物で、
およそ全体の3/4を占めます。

ごはんの炭水化物は
アミロースとアミロペクチンという2種類から成り、
そのバランスがごはんの味の良し悪しを決めると言われています。
ちなみに、アミロースが20%弱のものがおいしいようです(コシヒカリやササニシキがこのバランス)。

このアミロースが難消化性であり、
糖として吸収されずに、食物繊維のような働きをするんですよ!
これは、まさにシェイプアップにもってこいですよね!
▼お役立ち情報:節電効果のある太陽光発電

▼お役立ち情報:節電効果のある太陽光発電

★メニュー

▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
▼お役立ち情報:注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
▼お役立ち情報:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
▼お役立ち情報:節電効果のある太陽光発電
▼お役立ち情報:もっと太陽光発電について勉強しよう
▼お役立ち情報:問題点の多い太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる
▼お役立ち情報:24時間安心の太陽光発電でもっと便利に


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)災害に備えて便利で安心の太陽光発電