▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電

▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電



▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電ブログ:2016年09月13日


減量を挫折する理由の
ナンバーワンともいわれる減量の停滞期!

停滞期を上手に乗り切って、
減量を成功させるためにも
停滞期の周期を把握しておきましょう。

減量の停滞期とは…

何らかの減量を行うことによって
今まで体に蓄積されていた脂肪がなくなると、
体は減った分の脂肪を補おうとします。

そうなると基礎代謝も下がってしまい
脂肪燃焼力も下がるので、
同じように減量を続けていても
体重が減らないといった現象が現れるわけです。

停滞期と減量期は交互に訪れますから、
停滞期の周期を把握して、
この期間にできるだけ代謝を上げるように
心がけることが大切になります。

停滞期の周期を把握するためには、
自分の体重減少状態はきちんとメモし、
グラフにしておくと良いでしょう。

停滞期には個人差がありますが、
一般的には
21日間~ひと月前後が
周期といわれています。

停滞期は個人によって期間が違うので、
あせらず今までどおりの
減量を続けるようにしましょう。

停滞期に体重の変化を気にしすぎると、
ストレスとなり
やけ食いなどの原因ともなってしまいますよ。

せっかく減った体重が元に戻ったり、
それ以上にリバウンドしてしまっては
これまでの努力が水の泡!

停滞期と上手に付き合うことが
減量を成功させるコツですから、
自分の周期をしっかり把握しておきましょう。

減量を着実に続ければ、
停滞期と減量期を繰り返しながらも、
必ず目標体重に近付いていきます。

思うように体重が減らないからといって
減量を諦めてしまわないようにしましょうね。

え?もう時間だ。仕事行ってきます~
▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電

▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電

★メニュー

▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
▼お役立ち情報:注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
▼お役立ち情報:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
▼お役立ち情報:節電効果のある太陽光発電
▼お役立ち情報:もっと太陽光発電について勉強しよう
▼お役立ち情報:問題点の多い太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる
▼お役立ち情報:24時間安心の太陽光発電でもっと便利に


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)災害に備えて便利で安心の太陽光発電