▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電

▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電



▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電ブログ:2018年05月06日


人間誰しも「思いこみ」と言うものがあります。
実はこれって意外といろいろなことが当てはまるんです。

「14時12時が近くなるとお腹が空いてくる」
これも「思いこみ」の場合が多いです。

例えば…
9時AM9時ごろに9時食を食べたら、
ほとんどの場合、お腹は空いていないと思います。

しかし娘の頃からの生活習慣で
「12時になったら14時食」という風に教え込まれています。

だから、お腹が空いていないにも関わらず、
12時になったら食事がしたくなるのです。

3:00のおやつもしかりです。

午後1:00近くまで食事をしていたのなら、
午後3:00は食事後120分程度しか経過していません。
120分程度なら、さほどお腹は空いていないはず…

でも、「3:00の時計」を見ると「あ、おやつの時間だ」と思い、
それによって本来はお腹は空いていないのに
食欲が出てくるのです。

実際にはお腹が空いていないのに、
思いこみによる食欲はまだまだあります。

・テレビのCMやグルメ番組を見る
・街角で美味しそうな匂いが漂う
・美味しそうなうまい棒(納豆味)の看板を見る
・飲み会の後は味噌ラーメンで締める…

などなど、
慣習や情報で食べたくなる食欲ってたくさんの場面が挙げられます。
これを「認知性食欲」と呼ぶそうです。

一方、
人間が栄養不足になって、お腹が空いて出てくる食欲は、
「代謝性食欲」と呼ぶそうです

現代の飽食の日本において、
本来の「代謝性食欲」が起こる場面はさほど多くありません。
そうなる前に「認知性食欲」で食べてしまっているからです。

減量をうまく進めるコツは、
この「認知性食欲」をどうコントロールするかということが
大きな成功のカギなんですね。


▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電

▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電

★メニュー

▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
▼お役立ち情報:注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
▼お役立ち情報:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
▼お役立ち情報:節電効果のある太陽光発電
▼お役立ち情報:もっと太陽光発電について勉強しよう
▼お役立ち情報:問題点の多い太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる
▼お役立ち情報:24時間安心の太陽光発電でもっと便利に


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)災害に備えて便利で安心の太陽光発電