▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電

▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電



▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電ブログ:2014年10月04日


「倹約遺伝子」が
減量に関係してるって、
読者様知ってましたか?

倹約遺伝子というのは、
肉体に蓄えていたエネルギーが不足すると、
炭水化物の代謝を調整するインスリンをエネルギーの代わりとして使う…
というメカニズムを動かすDNAのことです。

太古の昔は、
今のように食べ物が豊富になかったので、
ふつかも三日も食べられないなんて、
珍しくありませんでした。

そんな非常時に倹約遺伝子が働き、
肉体に蓄えていたエネルギーを使うようにできていたのです。

ところが、
現代は食生活も豊かになり、食べるのに困ることはありません。

倹約遺伝子をそのまま受け継いでしまった人は、
エネルギー過剰で倉庫は常に満杯状態になっています。
なので、減量がなかなか上手くいかないんです。

しかし、
太る原因は、倹約遺伝子ばかりではありません。

昔の暮らしに比べ、
ストレスや運動不足、カロリー過多の食事も影響を与えています。

減量だからと食べたいものを我慢すれば、
それがストレスとなり
かえって食べ過ぎてしまうことにもなります。

ストレスにさらされると、自律神経が乱れます。
自律神経を司る「視床下部」は、
食欲をコントロールする大切な働きをしています。

ですので、自律神経が乱れれば、
食欲をコントロールできなくなり、
ついつい飲み過ぎ、食べ過ぎということになるのです。

減量を成功させるには、
最初に目標を明確にし、現状を把握した上で
減量スケジュールを立てることが肝心です。

次に、毎日記録をつけていくこと。
そして、毎日の食事や生活習慣を見直すこと。
ストレスは上手に発散し、
肉体をこまめに動かすように心がけましょう!


▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電

▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電

★メニュー

▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
▼お役立ち情報:注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
▼お役立ち情報:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
▼お役立ち情報:節電効果のある太陽光発電
▼お役立ち情報:もっと太陽光発電について勉強しよう
▼お役立ち情報:問題点の多い太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる
▼お役立ち情報:24時間安心の太陽光発電でもっと便利に


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)災害に備えて便利で安心の太陽光発電