▼お役立ち情報:もっと太陽光発電について勉強しよう

「太陽光発電を利用したところでほとんど電力なんて確保出来ないのでは?」と疑問に思っている人もいることでしょう。
自然再生エネルギーですので確かに発電量は少ないですが、ご家庭の電化製品は問題なく利用をすることが出来ます。自治体におきましても太陽光発電の助成金制度が導入され始めていますが、まだまだ限られた自治体だけとなります。
国が実施している導入助成枠が埋まってしまったら、まずは自治体で利用可能な助成制度の有無を確認しましょう。太陽光発電システム以外にもエコキュートなど、国の助成金制度とは異なっているものもあります。
中にはその他の省エネ設備と同時に導入をしなければ助成金制度をもらうことの出来ない制度の自治体もあります。
世間に一般的な存在をなりつつある太陽光発電は今現在決して見逃すことの出来ない節電方法と言えるでしょう。
さらに賢く太陽光発電を利用することによって、毎月利益を出すことも可能となっているのです。東京都の助成金制度についてですが、助成金を申請することの出来るのは太陽光発電の工事が完了し、太陽光発電の稼働開始後と定められています。
このことからJ-PECへの申込で受理をされなかった時でも、自治体の助成金の申請をすることが出来る場合もあります。

 





スマートハウスの紹介
スマートハウスcheck!
URL:http://www.nichiei-group.co.jp/construction/


▼お役立ち情報:もっと太陽光発電について勉強しようブログ:2018年10月13日

運動をするだけで、
不眠症が改善されるのは確かですよ!

不眠の原因はストレス。
そのストレスが積もりに積もって
不眠症を慢性化させてしまっているようです。

みなさんは
「運動すると余計ストレスが溜まるのでは?」
と思われるかもしれませんが…

効率良く運動をすると、
ストレスを減らす事ができます。

ですが、
ただ単に運動をするのでは
不眠症改善の効果は期待できません。

運動といっても
効果があるものとないものがあるんですよね!

睡眠は7時と21時の体温差が大きいほど、
寝つきがいいといわれています。

なので、
21時、寝る前には
筋トレなどの激しい運動は控えるべきなんです。

身体が温まり過ぎて、眠れなくなってしまうからです。

一番いいのは、
午前中に運動をする事です。

運動をすると
ストレスホルモンも一緒に上昇していきます。

ところが5時間ほど経つと、
リバウンド効果により
ストレスホルモンが逆に減少していくのです。

その間に布団に入れば、
心地よく熟睡できるというわけです。

簡単にまとめますと…
午前中に運動をして体温を上げ、
身体を疲れさせます。

そして21時に体温が下がってくると
眠くなるというわけです。

遅くても
就寝前の約三時間前までには体温を上げておきましょう!

日頃からスポーツをしている人には
運動なんて簡単な事ですが、全く運動をしない人には、
連日の運動は難しいでしょう。

そういった方は、
軽めのウォーキングやストレッチでもいいので、
無理のない範囲で身体を動かしましょう!

身体がほぐれる程度でも
十分効果はありますよ。